お知らせ

大雨により被害に遭われた皆さまへお見舞い申し上げます。

このたびの大雨により、被害に遭われたすべての皆さまへ心よりお見舞い申し上げます。

被害に遭われた方につきましては、各保険会社窓口までお問合せください(画像参照)。
保険金のご請求やお支払に関する具体的なお問い合わせ・ご連絡等につきまして、各窓口にて対応させていただきます。
なお、弊社にてご契約いただいている保険契約につきましては、弊社でも対応いたします。
ご不明な点やご相談等、いつでも承りますので、電話またはメールにて、どうぞご遠慮なくお問い合わせください。

<保険会社が不明な場合、契約有無の調査依頼ができます>

問い合わせ先:生命保険協会「災害地域生保契約照会センター」

フリーダイヤル(0120)001731(平日午前9時~午後5時)

災害救助法が適用された地域において被災されたお客さまについて、
家屋等の流失・焼失等により生命保険契約に関する手掛かりを失い、保険金の請求を行うことが困難な場合等、生命保険契約の有無のご照会(災害地域生保契約照会制度)に応じます。
★なお、ご利用対象者は、原則としてご照会対象者(被災された方)のご家族(配偶者、親、子、兄弟姉妹)となっております。

生命保険協会では、西日本豪雨で災害救助法が適用された地域の被災者の契約で、特別取り扱いを実施すると発表しています。
申し出により保険料の払い込みを猶予(最長6カ月)するほか、保険金・給付金、貸付金を簡易迅速に支払うこととしています。

生命保険協会
http://www.seiho.or.jp/info/news/2018/20180707.html


<保険金請求の例>
【例】火災保険
(※あくまでも一般的な例であり、損害の状況、ご契約内容によって、対応等が異なることがあります)。
「事故発生→事故のご連絡→お客様へのご案内→必要書類の作成・提出→損害確認→お支払金額の決定→保険金のお支払」
★ご契約によっては、盗難等による損害についても保険金が支払われますので、事故が発生した場合には、必ず保険会社までご相談ください。
★損害状況を写真に撮っておくと、後々の手続きの際に役立ちます。
必ず片付けをする前に写真を撮ってください。
時間が経過すると乾いたり状況変化してしまい、損害状況が確認し難くなる場合もあります。

【例】自動車保険
(※あくまでも一般的な例であり、損害の状況、ご契約内容によって、対応等が異なることがあります)。
★車両保険では、大雨による冠水、高潮、堤防の決壊による洪水などを原因とした車の損害を対象とする保険会社が多いため、事故が発生した場合には、必ず保険会社までご相談ください。

ページ上部へ戻る